院試塾ブログ
インターネット大学院予備校代表・畑中泰道のブログ

27 June

和英辞典の力—「立派な犯罪」をどう訳す?

 ぼくは和英辞典をあまり信用していない。それなりに工夫はしてあるが,あいまいな表現を確認する場合などを除いて,あまり「使えた」記憶がないからだ。「これだ」とぴったりの訳を示してくれることも少ないと思う。
 たとえば,「万引きは立派な犯罪だ」というのをどう訳すか。学習用和英辞典の代表格である『ジーニアス和英辞典』の「立派な」の項を見ると:

  1. 堂々とした,見事な

  2. すぐれている,尊敬に値する

  3. 十分な(→完全な)


とあり,参照先が示されている「完全な」を引くと,complete / perfect / total / absolute / full / clean / thorough / outrightといった語が挙がっている。この中でtotalに着目し,totallyを副詞として用いて,たとえばShoplifting is totally against the law.と訳すことができそうだ。この文はおそらく「だからやめなさい」と言いたいのだろうから,それを考慮してRemember, shoplifting is a crime.としてもよいだろう。なお,perfect crimeはいわゆる「完全犯罪」で,まったく別の意味になる。
 こうした場合,朝日出版社の『会話作文英語表現辞典』で,CD-ROMとして発売されているAsahi Press SENTENCEにも入っているからそれも調べてみたが,残念ながらうまく応用できそうな例などは見あたらない。
 といろいろ考えていたところ,研究社の『新和英大辞典』のCASIOデータプラスCD-ROMが発売されたので,早速買って引いてみたところ,「要件を満たした」という意味について挙がっている用例に,「〜な犯罪行為」としてan obviously criminal act / a real act of criminalityというのがある。これを利用するとShoplifting is an obviously criminal act.ないしはShoplifting is a real act of criminality.と訳せるのではないかと判断できる。ただ,少し堅すぎるかもしれないし,「だからやめなさい」という感じもいまひとつ伝わりにくいように感じられる。
 ということで,さらに考えてみる。「立派な」を別の日本語で言い換えてみよう。「れっきとした」ではどうだろうか。「れっきとした」で和英大辞典を引いてみると,「ストーカーは〜犯罪だ」とあって,その訳はStalking is indisputably a crime.となっている。ビンゴ!!だ。indisputablyは「議論,疑いの余地なく」という意味だから,まさに「万引きは立派な犯罪だ」にぴったりだろう。
 この過程をもう一度振り返ってみると,和英辞典を使うには相当自分で考えながら検討作業を進めなければならないと言えるだろう。たしかに『新和英大辞典』はすごい。他の和英辞典の追随を許さないと言ってもよいだろう。しかし,ただ機械的に引くだけでは,満足な答えを示してはくれないのだ。結局,外国語学習は「考える」ことにつきるという,ぼくの持論を裏付ける結果となったようだ。
20:35:21 - yhatanaka - No comments - TrackBacks

07 June

ついに出た!!—小学館の電子辞書

 ぼくにとってはどうにも抗しがたい電子辞書が出た。小学館のSG-RH1000である。
 なぜ「抗しがたい」のか。ぼくが高校生の時以来ずっと使っている『プログレッシブ英和中辞典』が搭載されているからだ。最近出ている電子辞書のほとんどが,『ジーニアス』シリーズか『リーダーズ』(ないしはその両方)搭載である。プログレッシブ搭載のものは以前SONYから出ていたが,後継機はジーニアス搭載となってしまった。プログレッシブのパソコン版も,以前はMicrosoft Bookshelfに入っていたものの,今はない。つまり,プログレッシブの電子版というのは,ここしばらくまったくなかったのである。仕事場ではいまだにいちばんよく引く辞書だが,出先ではパソコンか電子辞書を使うため,ジーニアスシリーズのお世話になることが多かった。
 プログレッシブがそんなにいいか?という意見もあるかもしれない。たしかに,ジーニアスもすばらしい辞書には違いない。リーダーズの記述からいろんな情報も得られる。しかし,高校生の時以来慣れ親しみ,実際に執筆した先生方に筑波大学で教わったぼくとしては,やはり英和辞典と言えば『プログレッシブ』なのだ。
 とにかく,待望の『プログレッシブ』搭載の電子辞書がついに出たのだから,買わないわけにはいかない。定価37,590円,三省堂神田本店で33,800円。早速購入した。
 小学館発売ということで,収録辞書はかぎられている。筆頭は実は『プログレッシブ』ではなく,その親版である『ランダムハウス英和大辞典』である。他にプログレッシブの英和・和英と,『大辞泉』のデジタル版が入っている。せっかく小学館が出すのだから,『類語例解辞典』はぜひ入れてほしかった。また,英語辞書として使用するうえでの最大の難点は,英英辞典が入っていないことだ。
 さて,小学館発売となっているこの電子辞書だが,一見すればわかるように,これはCASIOのDATAPLUS2シリーズである。フタのロゴは「Shogakukan」となっているが,ロゴ部分を含め全体の形状もDATAPLUS2と同じである。だから,データプラス用追加コンテンツを追加することができる。
 『ランダムハウス』が収録されているこの辞書に,『リーダー
ズ』と『ジーニアス英和大辞典』を追加すれば,まさに最強の電子辞書となる。英英辞典が入っていない問題もコンテンツを追加することで解決する。すでにデータプラス用追加コンテンツとしてMacmillanの英英辞典が発売されているし,7月にLongman Dictionary of Contemporary Englishも追加コンテンツとして発売予定だ。また,研究社の大和英も6月発売予定となっており,これらを追加するともはや右に出るものはなくなると言ってもよいだろう。連語辞典はすでに『英和活用大辞典』が発売されている。
 これから使い込んでいくのが楽しみだ。
00:25:51 - yhatanaka - No comments - TrackBacks