院試塾ブログ
インターネット大学院予備校代表・畑中泰道のブログ

30 March

学問へのパスポート―Very Short Introductions

 学問に必要な基礎知識と外国語読解力を同時に身につけることができれば,本格的な学問研究の入口としてとてもよい。こんなニーズを満たしてくれるのが,Oxford University PressのVery Short Introductionsシリーズである。Webサイトによれば現在173冊が刊行されており,カバーしている分野も広い。
 このシリーズは学問研究のパスポートであると言ってよいだろう。特に評価できるのが,(すべてを調べたわけではないが)文献解題ないしは参考文献の紹介がきちんとある点だ。つまり,このシリーズの1冊から,その分野にさらに深く入り込んでいくことができるのである。もちろん,大学院入試の準備として読むこともできるが,やる気とある程度の英語力があれば大学受験生でも読めるだろう(実際,予備校で教えている生徒にもすすめている)。
 英語もそう難しいわけではない。このくらいのものが辞書を引きながらでも読みこなせなければ,専門的な文献を読むことなどおぼつかないだろう。原書に比べてかなり少ないが岩波書店から翻訳が出ている(<1冊でわかる>シリーズ)ので,ものによっては翻訳と見比べながら読み進めることが可能である。とりあえず1冊目はこの方法で読むのもよいかもしれない。
 院試塾では,「心理英語スタートダッシュゼミ」という講座で,Psychology: A Very Short Introductionを教材として使っている。ぼくがこの講座の着想をえたのは,実はVery Short Introductionからではなく,自分がフランス語学習もかねて読んでいたQue sais-je?シリーズからだった。1冊を読み切るまではたいへんな思いをしたが,1冊読むと自信もつき,2冊目以降は比較的楽になってくる。皆さんにもこうした実感を持ってもらえればと思う。
17:55:57 - yhatanaka - No comments - TrackBacks