院試塾ブログ
インターネット大学院予備校代表・畑中泰道のブログ

28 May

informed intuitionとは?

 informedという形容詞がある。動詞informの過去分詞が形容詞化したものである。日本語でも「インフォームド・コンセント」(「説明と同意」と訳す場合が多い)というカタカナ語がある。
 LDOCE4を引いてみると,この語には大きく2つの意味があることがわかる。

  1. having a lot of knowledge or information about a particular subject or situation

  2. informed decision / choice / judgment etc
    a decision etc that is based on knowledge of a subject or situation


動詞informを引いてみても,おおよそ対応する2つの意味が見つかる。

  1. to officially tell someone about something or give them information

  2. formal to influence someone's attitude or opinion


動詞の1「<人>に知らせる」という意味から形容詞の1「知識や情報をたくさん持っている」,動詞の2「<考えかたなど>に影響を与える」から形容詞の2「十分な情報に基づいている」という意味が,それぞれ派生していると考えてよさそうである。
 いろいろと辞書を引いてみると,informedの1の例としてinformed journalist / authorities / sourcesなどがあり,2の例としてinformed criticism / conclusion / guess / belief / accountなどがある。実際,informed guessは意志決定などに関する文章を読んでいると,ときどき見かける。
 さて,今回とりあげるinformed intuitionについてだが,一見,この2つの語が組み合わせて用いられるのは何だか落ち着きが悪いように感じるかもしれない。「直観」が「十分な情報に基づいている」というのがおかしいのではないかと感じられる。そして実際,「十分な情報に基づく直観」では,訳としてもきわめて据わりが悪い。しかし,用いられている文脈をよく検討してみると,適切な解釈がだんだんと見えてくる。まずは以下を見てほしい。

For example, chess masters throughout history have performed stunts like playing and winning 20 games at once, sometimes even while blindfolded. How do they do it? First, of course, it's [A]the tens of thousands of hours of practice, which allows them [B]to extract the relevant information from the board: lines of attack, avenues of escape for the king, and so on. Given their [A']informed [B']intuition, they know how to separate the wheat from the chaff, zeroing in on which moves are and aren't worth considering in a given situation. (Sheena Iyenger, The Art of Choosing. p.192)

 まず,問題の文のtheir informed intuitionは,前の文の内容を承けている。この点からAとA',BとB'との関係に着目すると,「十分な訓練の成果にもとづいて適切な判断を下すことができる」と読みとることができる。「豊富な経験に裏打ちされたカン」と訳すとしっくりくるのではないだろうか。実際にintuitionに「勘」という訳語を充てている英和辞典もあるし,和英辞典で「勘」を引いてもintuitionが挙がっている。
 同じ本の別の箇所にまたinformed intuitionが出てくる。そちらも見てみよう。

The ability to improvise, he said, comes from fundamental knowledge, and this knowledge "limits the choices you can make and will make. Knowledge is always important where there's a choice." The resulting action is based on informed intuition, or as he calls it, "superthought." In jazz, superthought goes beyond determining the "right" answer: It allows one to see new possibilities where others see only more of the same, and to construct the rare "useful combination". Perhaps we can superthink our way through choice by learning the fundamentals of its composition, and then using this knowledge to create music where there might otherwise be only noise. (ibid. pp.214-5)

下線部の流れを丹念にたどっていくと,根本原理を熟知することによって,新たな可能性を直観的に見つけ出すことができる,と言っていることが読みとれる。これもやはり「豊富な経験に裏打ちされたカン」なのである。
 さらに,別の本の内容を見てみよう。動詞informの例である。

They knew that a colony, depending on circumstances, doesn't forage every day. It might be too cold or windy to go outside, or there might be a hungry lizard waiting at the edge of the nest mound. Patrollers seem to be the key to this decision. As they return from their early-morning scouts of the neighborhood, they are greeted near the nest entrance by a crowd of foragers. The foragers touch antennae with the patrollers, and if they bump into the right number of patrollers, the foragers are more inclined to go out. The behavior of the patrollers, in other words, informs the decisions of the foragers. (Peter Miller, Smart Swarm: Using Animal Behavior to Change Our World. p.7)

2番目の下線部にはinform the decisionsが含まれている。これは,informed decisionという表現のもとになっていると考えられる。最初にあげた辞書の語義では2にあたる。また,この表現の「伏線」は最初の下線部にある。ここのthe key to 〜は「〜を決める主な要素」と考えられるから,2番目の下線部のinformと意味的に密接な関係があると見てよい。
13:06:42 - yhatanaka - No comments - TrackBacks