院試塾ブログ
インターネット大学院予備校代表・畑中泰道のブログ

16 October

いわゆる「学習英文法」のありようについて

 中学校英語検定教科書に関連する仕事を最近したこともあって,いわゆる「学習英文法」について考えることが多い。ぼくが感じる最大の疑問は,はたして本当に,文法を教えると英語嫌いが増えるのか,というものだ。また,もしそうであるとして,そのときに言う「文法」とはいったいどのようなものなのか,という疑問もある。
 個人的な見解ではあるが,学習英文法における「文法」では,以下の3つを区別する必要があるように思われる。

  1. 英語の文構造を司る体系としての文法。主に,主要4品詞(名詞,動詞,形容詞,副詞)と文の要素(主語,述語動詞,補語,目的語,修飾語)との対応関係と,その体系的拡張(to不定詞の基本3用法や節の機能)などを扱う。

  2. 上記の体系化のために必要な文法的概念・用語。

  3. 個々の文法現象や構文などにつけられた名称としての文法用語(たとえば,「連鎖関係代名詞」「接触節」「独立分詞構文」「繰り上げ構文」「tough構文」など)。


 結論から言えば,3.に属するものは,少なくとも用語として導入する必要はないと考える。もちろん,こういう用語を使えば,いちいち「…などが〜に用いられる構文」という説明をしなくてすむという利点はあるが,基本的には一種の「符牒」にすぎず,これらを導入することで英語嫌いが増えるというのがもし本当ならば,導入しなくてもいっこうにかまわないと思う。また実際,こういう用語をやたらに振りかざして,「こんなことも知らないのはダメだ」という「脅しの論理」を巧みに使う教師(残念ながら,予備校教師にはこういう輩がけっこういる)には,ぼく自身反感を覚える。
 しかし一方で,文法の概念や用語を使わないという方向に行きすぎて,1.や2.までも教育現場から排除してしまったのでは,英語の文構造を司る基本原則を学習しないまま,かえって記憶を偏重する結果になってしまうのではないか,と危惧する。むしろこの部分については,中学3年から高校1年くらいの,基本構造がひととおりで揃った段階で,整理もかねてひととおりの体系化をしておくことがむしろ望ましいのではないかと考える。
 いくつかの問題は,このレベルでもたしかに存在する。たとえば「不定詞とは何か」ということをきちんと説明できる人は,残念ながら中学・高校の英語教師でも少数派ではないだろうか。「to+動詞の原形」を「不定詞」と呼ぶ,というのは,便宜的な説明としてはありえても,きちんとしたものとは言いがたい。「分詞」も用語としては再検討の余地がある。「分詞構文」にいたっては,約束事としてあることがらを指してはいても,内容を的確に表す用語とは言いがたい。仮定法でも「仮定法過去」「仮定法過去完了」は適切として,「仮定法現在」や「仮定法未来」は問題がある。また,「仮定法」という用語・概念を導入する際に,「法」とは何かについて曲がりになりにでもきちんとふれる教師がどれだけいるだろう。
 また,中学・高校の時期というのは,抽象的な思考力を育てるべき時期でもある。その時期に「文法的思考のメソッド」をきちんと身につけさせることは,その後の言語との向き合いかたに大きな影響を及ぼすのではないか。そして何より,文構造の基本法則に従って文を作り出す力は,ある言語を実際に使ううえでも本当に必要な能力だと思う。
15:42:36 - yhatanaka - No comments - TrackBacks