院試塾ブログ
インターネット大学院予備校代表・畑中泰道のブログ

31 May

読書の展開と問題意識

 ある問題に興味を持って本を読み始める。あるいは,たまたま書店で見かけた本を買って読む。そうすると,そこから関連する本が読みたくなる。読書の楽しみの1つである。また,読み進めるにしたがってだんだん問題の所在が明確になるとともに,その問題の「広がり」もわかるようになる。
 1つ例を挙げよう。以下の図は,ぼくが最近読んだ本の関係を示したものだ(※初期表示では見づらいかもしれない。必要に応じてダウンロードしてみていただきたい)。

端緒は梅田望夫『ウェブ進化論−本当の大変化はこれから始まる』ちくま新書だ。これは発刊当初に書店で見かけて買ったものである。今ではずいぶん売れているようだ。Webの社会的側面にふれたもので,技術論に偏りがちなWeb論のなかにあって,読みやすく興味深い本である。
 この本の中で言及されているのが,James SurowieckiのThe Wisdom of Crowds. Doubledayである。この本は前に何かの関連で買っていたもので,長い間「積ん読」状態になっていたのだが,これをきっかけに読んだ。そこからさらにGladwellのThe Tipping Point. Back Bay Booksをはじめとする3冊の本に進んでいった。そのうちの1冊,Steven JohnsonのEmergenceはかなり前に買って持っていたがやはり読まずにいたものだ。Howard RheingoldのSmart Mobs. Basic Booksは新たに買ったが,ちょうど並行して読んでいた公文俊平『情報社会学序説−ラストモダンの時代を生きる』NTT出版でも言及されていた。
 これらの本を読んで,情報社会と集団行動についてさらに興味が深まり,問題意識もより明確になった。自分の日々の研究でもこうしたことに興味を持ってはいるが,読むべき本,読んでおいたほうがよい本すべてを把握することはきわめて難しい。それだけに,こうした「連鎖」はきわめて貴重な経験だと言えると思う。
09:54:24 - yhatanaka - No comments - TrackBacks

07 December

笠島準一『英語辞典を使いこなす』講談社学術文庫

 この本の底本である『英語の辞書を使いこなす』(講談社現代新書)は1986年に出版され,高校生の頃に読んだ。もう一度読みたいと思っていたが,どこかに紛れてしまっていた。今回偶然書店で見つけることができ,読み返してみたのだが,きわめて有益な本であるとあらためて感じた。
 「英語に関する疑問の90%は辞典の中に答えがある」という基本的な主張を,まずはしっかり受け止めておきたい。院試塾の指導でもつねづね受講生に言っていることだが,辞書をきちんと引くことは語学学習の基本であり,それを怠ってはならない。しかし,多くの人の辞書に対する考え方は,おそらく以下の引用に集約されるのではなかろうか。

 辞書なんてアクビが出る。ABC順に並んでいるからたどっていけば引けるし,また最初か次の訳をもらって原文にあてがっていけばそれでおしまい。辞書を使いこなすって?—そんなことできるわけないさ。
 いやいや,そんなことはない。あなたの机の上でホコリをかぶっている辞書,最初の訳がみつかったら閉じられてしまう辞書,そんな辞書を使いこなし,英語力をアップさせ,英語文化も知るコツがある。(p. 3)

 本当にこのとおりである。特に,「最初の訳がみつかったら閉じられてしまう辞書」というのが多くの人の辞書の使い方をうまく言い当てている。実際に辞書を引くところを予備校の授業などで見ていても,閉じなくてもよさそうなものなのになぜかすぐに閉じる。一刻も早く,辞書を引くという「作業」から解放されたい,ということなのだろうか。
 辞書は意味を調べるだけのものではない。その言葉に関する情報の宝庫である。この本でとりあげられているのは英和・和英・英英という,英語学習にとって基本的な辞典類で,この本の説明に従って徹底活用したならば,英語力が大きく向上することは間違いないと言ってよいだろう。
 特に有益なのが,英和辞典について「詰まった情報を徹底的に活用する」ことを提唱している部分だ。とりわけ,「用例から適訳をみつける」方法の記述(pp. 102-3)は,少し難しいがぜひ読んでみてほしい。用例を詳細に検討し,その訳語から意味をつかんで応用すれば,英文の意味がずっと明確にわかるようになる。
 もちろん,この本は読んで納得するだけではダメだ。ここに書いてある方法を1つでも多く実践することが,語学力向上のカギとなる。英語がきちんと読み書きできるようになりたい人の必読書と言えるだろう。
16:14:35 - yhatanaka - No comments - TrackBacks

01 November

梅棹忠夫『情報の文明学』中公文庫

 この本はかなり前に一度読んだことがあったが,今回また興味を持って読んだものである。本としての初出が1988年,収録されている論文には1960年代初出のものもあるが,この本で提示されている知見には,いまだに新鮮さを失っていないものが多い。
 梅棹さんの「情報」に関する考えでもっとも学ぶべきと思われるのが,その概念の広さである。「情報はあまねく存在する。世界そのものが情報である」(「情報の文明学—人類史における価値の変換」p.209)というのが梅棹さんなりの情報の定義である。もちろん,これでは広すぎて使いものにならない,という批判もあるだろう。しかし,昨今の「情報」のとらえ方の狭さがつねづね気になっているぼくとしては,この定義からまずは出発して,各自の必要に応じた具体的な定義をしていくことが望ましいと感じられる。
 情報と人間の関係についても,興味深い記述が見られる。「かんがえてみると,一般に情報機器と称しているものは,みずから情報を生産したりはしない。オリジナルな情報の生産は,もともと人間の仕事である。情報機器は本質的に,それを模倣し記録し,再生する機能をそなえていたにすぎない。情報機器というのは,もともと情報伝達,再生のための装置なのであった」(「情報の考現学—現代世相の解読のために)というものだ。こう書いているからといって,梅棹さんが情報機器を軽視していたわけではない。彼が館長を務めていた国立民族学博物館では,情報管理がきわめて重要な位置を占めていた(cf. 「情報管理論」『梅棹忠夫著作集 第22巻 研究と経営』p.269)。映像を選んで見ることのできる「ビデオテーク」も当時としては先進的なものであり,このことからも,彼の情報,ならびに情報機器に対する姿勢がうかがえる。
 コンピュータについても彼はふれている。「情報の考現学—現代世相の解読のために」では,「コンピュータリゼーションをもって,情報化ととらえる見かたがある。さらに,コンピューター産業をもって,情報産業ととらえる見かたがある。(中略)これはもちろん,情報産業のきわめて狭い解釈である。あるいは,情報産業のもつ可能性の過小評価である。情報産業ははるかに広大な文明史的傾向をさすべきであって,単なる機械工業の一分野であるコンピューター産業に限定されるべきではなかろう」(p.294)と述べている。これは現在の情報教育にもそのまま当てはまる。コンピュータを使うことだけが情報教育ではない。文明史上の一局面である「(高度)情報化社会」の性質を正しく理解し,その中で必要な技術や能力を身につけさせていくことを目的とするのが,情報教育の正しい姿であろう。もちろん,その中でコンピュータが果たすべき役割は大きい。しかし,すでに引用したとおり,オリジナルな情報を生産するのはあくまで人間であることを忘れてはならないだろう。ややもすると,現在行われている情報教育は,コピー&ペーストで「レポート」を書いて平気な顔のできる学生を量産することにもなりかねない。
 情報教育に関わるすべての人,情報産業に携わるすべての人に,ぜひ読んでほしい一冊である。もちろん,この本に書いてあることがすべて正しいなどというつもりはないし,ぼくなりの考えが別にある部分もある。しかし,すくなくとも「たたき台」として,まずはこの本を読んでみてほしいと思うのである。
19:23:58 - yhatanaka - No comments - TrackBacks

01 October

大西泰斗,ポール・マクベイ『ネイティブスピーカーの英文法』研究社

 大西さんはぼくの大先輩だ。といっても,お会いしたことはたぶん一度しかないと思う。大西さんの記憶にもたぶん残っていないのではないだろうか。
 この本はずいぶん前に一度読んだ。最近,たまたま読み返してみたので,紹介したい。
 この本のテーマを一言で言うなら,「直観の復権」だろう。この本と,それに続くシリーズでは一貫して,一見無味乾燥と思われる英文法のルールや多様に思える語の意味の背景には,きわめて単純かつ明確な概念が存在することが示されている。実は,これは認知言語学の中心となる主張でもある。
 直観の重要性は,少し考えてみればわかるはずだ。ネイティブスピーカーは,無味乾燥な規則によって言語を操るわけではない。頭の中にある概念と言語形式とを対応させることが,言語能力の主な作用である。言語習得が一定年齢の時期にきわめて簡単に行われる,という事実を見ても,そこに複雑怪奇な規則があると考えるのは不自然である。
 だからといってこの本は,「習うより慣れろ」的なことを言っているのではない。基本である,実はごく単純な文法がしっかり身について始めて,英語が使えるようになると説いている。
 それでは,英語の難しさとは何に由来するのだろうか。簡単に言えば,「現象の切り取りかた」や「視点の置きかた」の違いである。たとえば,英語では名詞の加算・不可算や単数・複数を常に意識するが,日本語ではそれらをあまり意識しない。「閑さや岩にしみ入蝉の声」という芭蕉の句を英語に訳す際に,「蝉」が単数か複数かが問題になったという話をどこかで読んだことがあるが,このエピソードはこうした違いを如実に物語っている。
 この本を読めば,英文法に関する見かたが大きく変わるだろう。一般向けの本であるから,認知言語学に関する知識など一切不要である。大切なのは,できるだけ具体的なイメージを頭に浮かべる訓練をしながら読み進めることである。
22:53:33 - yhatanaka - No comments - TrackBacks

26 September

永井明『適応上手』角川Oneテーマ21

 永井明さんは,ぼくが愛してやまない「もの書き」のひとりだ。最初に読んだのは,多くの永井ファン同様『ぼくが医者をやめた理由』だった。それ以来,ほとんどのものを読んできたと思う。中でも,比較的最近の『あやしい船医,南太平洋をゆく』と,今回紹介する『適応上手』は,「がんばらない」ナガイ・スタイルが明確に表れていて好きである。
 ぼく自身,書いているものや日頃の言動からは,「がんばる」ことを是とするタイプだと思われがちである。実はぼくの言っていることは,「目標があると言うならとことんがんばりなさい」「なりたい自分になるには努力が必要」というだけのことで,「とにかくがんばる」ことをよしとしているわけではない。むしろ,どちらかというと,がんばらず「のー天気」(あ〜,ナガイ節!!)に生きていきたいとつねづね考えている。
 さて,この『適応上手』という本だが,目次を見るだけでも,「不真面目のすすめ」「備えなし,憂いもなし」「都市生活のすべてがtoo much」といった魅力的な見出しが並んでいる。彼自身は自分のことを「一種の確信犯的『社会的不適応者』」だと言っている。あえて適応しないことによって「適応」しようというのだ。
 たとえば「『立場』という名の拘束衣」という項目がある。「立場へのこだわりから自由になるだけで,かなりの程度,気分的な負担から解放されるはずだ」「しかし実際には,彼ら[永井さんの周囲にいるサラリーマン]はむしろ自らすすんで『立場』という名の拘束衣を着ているように見える。それでは,自由な発想も元気の出ようもなかろう」というくだりがあるが,たしかにそういう人は多いように感じられる。そして,その「立場」のために,自分をさらに追い込んでいる人のなんと多いことか。「だいいち,立場にがんじがらめになって,身動きできないなんて,何だか悲しいじゃないですか」立場なんていうものは脱ぎ捨てて,もっと楽に生きようよ,楽しく生きようよ,と,いうことだ。
 彼のスタンスのなかでぼくが特に好きなのが,たとえばこうした記述に表れている。「おっしゃること[何よりも大切な命を預けているのだから,お医者さんにはしっかりしてもらわないと困る]はよくわかります。ただ,そんなに大切なものを人に預けちゃって大丈夫なのですか」Ivan Illichの思想をも思わせる,深い言葉だとぼくは思う。
 また,彼の友人のひとりのエリート社員のエピソードも気に入った。昇進はしたけど会社がちっとも楽しくない,と言っていたこの友人,しばらくして「年度末をもって退職しました」という知らせをよこしたという。その余白の言葉が強烈だ。「あー,すっきりした」仕事なんていやなことを耐えながらやるものだ,という考え方もあるだろうが,こんなふうに「すっきりした」と言える人生の切り替えって,なんてすばらしいだろうとぼくは思う。
 他人から評価されたい,と思っている人たちに,彼はこう言う。「百人中百人の評価をすべて勝ち取ろうとするほうがおかしいのではあるまいか。基本的に,他人がぼくのことをちゃんと評価してくれることはないと考えている」なぜか。「なんだか,とてもしんどそうだからである」そう。しんどいことはやめてしまえばよいのだ。そうまでしなくても,生きてはいける。まして,評価されないことが自殺になんてつながったら,悲しすぎるではないか。
 「しんどい」のがきらいな永井さんは,プライドに対してもこのスタンスをとる。いわく「なまじっかなプライドなどをもつと,しんどいだけのような気がしてならない」「そんなにムキになるほどのことか,とは思う」と言いつつ,「それ[プライドを守るために他の大切なものを犠牲にすること]で人生が楽しいなら,はたからとやかく言う筋合いのものではない」
 このように「成り行きまかせ,風まかせ」で「楽しいことはいいことだ」という生き方を示してくれるこの本。読んでいて心が楽になり,何となく勇気がわいてくるぼくも,やはり同類なのだろうか。

※なお,永井明さんは2004年7月7日に永眠されました。ご冥福をお祈りします。もっといろんな文章を読みたかった…。
15:42:37 - yhatanaka - No comments - TrackBacks