院試塾ブログ
インターネット大学院予備校代表・畑中泰道のブログ

語の意味を詳しく考える—general / particular / specific

 語の意味を訳語で単純に「暗記」することの問題点は,すでに何度か指摘してきた。今回はgeneral / particular / specificという3つの語を題材に考えてみたい。generalはparticular / specificと対義関係にあるが,particularとspecificの間にももちろん違いがある。おおむね以下のようにとらえておけばよいだろう。

 まずはgeneralから見ていこう。「一般的な」という訳語があまりに定着しているようで,よく考えずにこの訳語を使ってしまう傾向が見られるが,たとえばThere has been a general decline in standards.[LDOCE]は「全体におよぶ」ととらえるべきだし,I have a general idea of what I want to express.[LDOCE]は「漠然とした」と解釈しなければならない。
 「全体におよぶ」も「漠然とした」もgeneralの根本的な意味から生じたものであろう。この根本的な意味は以下のように図解できると思われる。

「全体におよぶ」とこの図解との対応関係は特に説明の必要もないだろう。「漠然とした」は一見関係がとらえにくいかもしれないが,この意味での対義語となるspecificと比較してみるとわかりやすい。specificの意味は以下のように図解できる。

Could you be a little more specific?[Activator]が「もう少し具体的に言っていただけませんか」という意味になることからもわかるように,specificは「対象となる範囲が狭い」が基本だ。この意味や図解と,generalの「漠然とした」という意味とその図解とを比較してみてほしい。
 particularはどうか。specificとの違いは微妙な部分もあり,英英辞典の語義を見ても,specificを説明するのにparticularを用いていたりもするのだが,particularには「同種のものとの比較・対比」の意味があるように思われる。COBUILDを見ても,You use particular to emphasize that you are talking about one thing or one kind of thing rather than other similar ones.とあり,類似のものとの比較が念頭にあることがわかる。また,同じくCOBUILDで名詞形のparticularityを引くと,The particularity of something is its quality of being different from other things.とあり,やはり他のものとの違いが問題となることがわかる。英和辞典を見ても,「(あるものを同種のほかのものと区別して)」(『ランダムハウス英和大辞典』)といった注意書きがある。訳語としても「個々の」「個別の」のように,他のものとの区別に焦点を当てるものが挙がっている。each particular item「個々の項目」などは,particularを「特定の」と訳してもピンとこない例の1つだろう。
これらの点を考慮してparticularを図解すると以下のようになるのではなかろうか。

 1つの語につき1つか2つの訳語を覚えておけば大丈夫,という勉強法は,たしかにとっつきやすいかもしれないが,正確な理解の大きな妨げとなる場合もある点を,特に初・中級学習者はしっかり認識しておいてほしい。

posted at 21:19:10 on 01/28/06 by yhatanaka - Category: 英語

コメントを追加

:

:

コメント

ブルガリ wrote:

その輿仇輿仇のお輿
07/14/17 15:31:15

ブランド爾芦偏 wrote:

斌瞳の
10/14/17 17:24:09

wrote:

And you learn others at work
10/14/17 18:07:32

トラックバック

TrackBack URL