院試塾ブログ
インターネット大学院予備校代表・畑中泰道のブログ

語句の意味を文脈から見きわめる―あわせて使われている語句に注目

 語句の意味を理解する際に文脈が重要であることは,すでに何度も説明してきた。今回は特に,あわせて使われている語句との関連から意味を見きわめる手法を説明しよう。

What we have tried to do in the last few paragraphs is to show how political philosophy can illuminate the way we think about politics without making claims to a special kind of truth that is inaccessible to the ordinary person. There is a related issue here, which is how far the kind of truth political philosophy gives us is [A]universal truth―truth [B]that applies to all societies and in all periods of history. Or is the best we can hope for [C]local knowledge, knowledge [D]that is relevant to the [E]particular kind of society we live in today? (David Miller (2003) Political Philosophy: A Very Short Introduction. Oxford University Press. p.15)

まずはAとB,CとDがそれぞれ言い換えになっている点に注目しよう。A / Cがそれぞれ関係節で言い換えられている。Aは「普遍的な」「すべてに及ぶ」という意味で特に問題ないが,CはDとの関連で理解しないとわかりにくい。Dと関連づければ,Cのlocalは「対象範囲が限定されている」という程度の意味だと理解できるだろう。また,Aのuniversalとの対比関係にも注目するとよい。
 また,Eのparticularは「特別な」「特殊な」ですませてしまいがちだが,この文脈でこの意味は不適切である。BとDとの対比関係に注目してみると(AとCの対比関係から当然注目すべきものだ),このparticularはallと反対の意味で用いられていると判断できる。これをふまえて辞書を見れば,「特にこの」(『ジーニアス』)といった訳語が見つかるし,英英辞典のYou use particular to emphasize that you are talking about one thing or one kind of thing rather than other similar ones.(COBUILD)という語義を見れば,「〜だけ」といった柔軟な解釈も可能になる。

posted at 15:57:15 on 03/29/08 by yhatanaka - Category: 英語

コメントを追加

:

:

コメント

No comments yet

トラックバック

TrackBack URL