院試塾ブログ
インターネット大学院予備校代表・畑中泰道のブログ

『フランス語名詞化辞典』(大修館書店)

 今回の地震の前日,3月11日に,神奈川・川崎の本屋で買い求めた本(ついでに言うと,地震の当日も川崎にいた)。前から気になっていた1冊。
 英語でも名詞化は重要な項目で,院試塾の指導でもとても重視しているが,参考になる本はそう多くない。江川泰一郎『英文法解説』(金子書房)とそれをもとに書かれた,安西徹雄『英文翻訳術』(ちくま学芸文庫)[※『翻訳英文法』(バベル・プレス)と同内容]の2冊が基本図書ということになろうか。また,基本的な考えかたは,英文法を専門的に学んだ者なら誰もが読んだはずのN. Chomsky, Remarks on Nominalizationなどに求めることができる。
 フランス語は英語以上に名詞化を多用する言語だと思う。この本の著者も「フランス語は名詞を重視する言語で,フランスでは伝統的にフランス語教育で名詞化練習をさせてきたし,また今でもそれが行われているようです」と,はしがきで述べている。
 この本は,こうした名詞化の例を,もとの動詞や形容詞とその名詞化形を挙げ,変形[注:専門用語としてではなく,あくまで一般的な意味での]前・後の例文を添えたもの。と言うと単純に聞こえるかもしれないが,これ1冊を通読すれば(「辞典」とは言っても180ページ弱の本で,十分通読は可能だと思う),フランス語の名詞化についてかなり習熟できるのではないだろうか。特に,文の視点の転換や連語関係も見てとれる点がよい。
 英語でもぜひ対応するものがほしい。

posted at 21:15:03 on 03/14/11 by yhatanaka - Category: その他外国語

コメントを追加

:

:

コメント

No comments yet

トラックバック

TrackBack URL