院試塾ブログ
インターネット大学院予備校代表・畑中泰道のブログ

否定の作用域とbecause節の解釈

 以前「because節の『係りかた』」という記事で,I don't respect him because he is rich.のようにnot ... because 〜という形の文には2とおりの解釈があることを紹介した。その記事でも述べたが,これはnotの否定が及ぶ範囲(専門用語で言う「作用域」)にbecause節が含まれるかどうかによることも説明した。今回は,そのことが形式からより明確にわかる例を紹介しよう。

A country like Indonesia is still so poor that progress can be measured in terms of how much the average person gets to eat; since 1970, per capita intake has risen from less than 2,100 to more than 2,800 calories a day. A shocking one-third of young children are still malnourished―but in 1975, the fraction was more than half. Similar improvements can be seen throughout the Pacific Rim, and even in places like Bangladesh. These improvements have not taken place because well-meaning people in the West have done anything to help―foreign aid, never large, has lately shrunk to virtually nothing. Nor is it the result of the benign policies of national governments, which are as callous and corrupt as ever. It is the indirect and unintended result of the actions of soulless multinationals and rapacious local entrepreneurs, whose only concern was to take advantage of the profit opportunities offered by cheap labor. (Paul Krugman, The Accidental Theorist, pp.83-4)

下線部の構造は,... not [taken place because ...]で,「西欧の善意の人々が何かをしたから生じたのではない」という解釈になる。notが否定しているのはtaken placeだけではなく,because節までが否定の作用域に含まれているのだ。
 もちろん,notの否定がbecause節に及ばない解釈はおかしなものとなる。しかし,notがbecause節まで含めて否定していると解釈する構造上の根拠がある。それは,強調した部分がsomethingではなくanythingになっていることだ。anythingが否定や疑問の文脈では「何か,何も」という意味になり,肯定の文脈では「何でも」という意味になることは,英文法の基本知識だろう。ところが,この文のanythingを「何でも」と解釈すると明らかにおかしい。このanythingが「何か」と解釈されるのは,notの否定がここまで及んでいることの証拠だと言ってよい。
 notの否定がbecause節まで及んでいて「[〜だから…した]のではない」という意味になることは,後続文脈からも裏づけられる。問題の文の後には,Nor is it the result of ...と因果関係を否定する内容の文がもう1つ続き(しかもNorでつながっている),その先にはIt is the indirect and unintended result of ...と,今度は因果関係を肯定する内容の文が続いている。この流れから考えて,問題の文も因果関係を否定していると考えるのが妥当だ。
 なお,このanythingのような要素を専門用語では「否定極性項目」と呼ぶ。興味のある人は,英文法の専門書や専門辞典に当たっておくことをお勧めしたい。

posted at 18:40:04 on 12/28/12 by yhatanaka - Category: 英語

コメントを追加

:

:

コメント

No comments yet

トラックバック

TrackBack URL