院試塾ブログ
インターネット大学院予備校代表・畑中泰道のブログ

科学技術英語と工業英検

 資格試験の合格だけを目指して勉強することに,ぼくは基本的に反対だ。しかし,資格試験を目標の1つとすることは,勉強の進み具合を自ら知る上で有効な手段でもある。つまり,究極の目標は資格試験以外にところにきちんと定めつつ,目標管理のための資格試験を活用する,とでも言えばよいだろうか。
 ぼく自身にとって,英語学習歴の前半の目標管理に使っていたのはいわゆる「英検」で,大学2年で1級に合格して資格試験からは「卒業」した。しかし,今年度から神奈川大学で科学技術英語を教えるようになって,やはり授業の目標の1つとしている「工業英検」(3級)の問題を見るようになり,英語の科学論文や文献が読めるという最終目標との関係についても考えるようになった。
 資格試験である以上,「いかにも」という問題があるのはいたしかたない。工業英検3級で言うと,大問1(英語→日本語),2(日本語→英語)の単語問題などは,これだけの「対策」をしようとすると,実に無味乾燥になってしまうだろう。これはなかなか授業という枠組みでは扱いようがないので,日々の学習で語彙力を増強していくように学生を誘導するしかない。
 一方で,大問6の読解問題は,科学技術英語の基礎力をつける上で大いに役立つと感じられる問題が多い。誤読の多いポイントをうまく突いた問題なのだ。2011年11月実施の第89回問題を見てみよう。

Why does the moon look the same size as the sun in the sky? This coincidence, which makes the spectacle of total eclipse possible, occurs because the sun, although 400 times bigger than the moon, is also 400 times further away.

下線部は意味を4つの選択肢から選ぶ設問になっているが,これがなかなか興味深い。

  1. 皆既日食観測用のめがね

  2. 完全なだ円形のめがね

  3. 日食観測機の感度

  4. 目を見はるような皆既日食の光景


正解は4なのだが,文脈を考えないと,1あたりに引っかかってしまいそうだ。また,「めがね」という意味ではglassesと同じく複数形になる,という知識があると正解にたどりつきやすい。いわゆる「対策」ではなく,しっかりした英語の知識が必要となる。
 もう1つ,2011年7月実施の第88回の問題も見てみよう。

Methematically, density is defined as mass divided by volume. The formula is always the same. Let us take a non-rectangular solid as an example. First, find the mass using a balance. Then, find the volume by submerging the solid in some water in a measuring cylinder.

これも下線部は4つの選択肢から訳を選ぶもので,正解は「まず,天秤を使って質量を測ってください」というもので,もちろん,usingが分詞構文であるといったように英文解釈的に考えれば正解にはたどり着けるが,find the mass using ...と直後のfind the volume by ...との平行性に着目し,かつ,質量を測るにはどうすればよいかを考えることができれば,意味を理解しやすくなるはずだ。
 そして,このような訓練を重ねていくことで,科学技術に関する英文が正確に読めるようになるのではなかろうか。

posted at 21:29:04 on 01/11/13 by yhatanaka - Category: 英語

コメントを追加

:

:

コメント

No comments yet

トラックバック

TrackBack URL